金利を見極める | 事業資金を融資してもらうために|円滑にすすめるためには

金利を見極める

悩むサラリーマンとお札のクレイアート

住宅ローンは金利の変動が全て

住宅ローンを利用するときには、金利の変動が全てです。 固定金利と変動金利どちらを利用しても金利の変動のタイミングが良い場所で住宅ローンを借りないと借金が多くなってしまいます。 特に、固定金利は正確なシミュレーションを立てやすいですが変動金利は立てにくい性質があるため利用するときには慎重になる必要があるのです。 金利の変動は、今後の経済状況によって大きく変動します。 日本国内の金利は非常に低位で推移しているため大きな負担となることはありませんが、それでも余計な負担は背負わないほうが賢明です。 特に、日本は自然災害が非常に多いためそういった災害で経済が停滞するとダイレクトに金利にも影響を与えます。 そうした点も念頭に置いておかなくてはいけません。

金利が一番低いところで利用する

住宅ローンの基本は、金利が一番低いところでサービスを利用することです。 固定金利の場合、一番金利が低くなったタイミングでサービスを利用できるとずっと低い状態でお金を返済することが出来ます。 変動金利の場合も、低い金利からスタートすれば低い負担でお金を借りることが出来るようになるため便利なのです。 変動金利の場合のシミュレーションの注意点は、必ず金利が高くなることを想定して行う必要があることです。 変動金利のシミュレーションは数年ではなく数十年という単位で行わなくてはいけないため、その予測が大事になるのです。 住宅ローンは常に低いままで金利が推移することはないため、シミュレーションをするときには高くなったときの対処も考えて行わなくてはいけません。


このエントリーをはてなブックマークに追加